視聴・配信方法

視聴・配信方法
 - 用途に合わせた視聴や配信の方法を紹介 –

URLを使う

動画作成時に自動生成される「視聴URL」を、メール配信したり、SNS投稿したりできます。また、WEBサイトのリンク先に設定することで、クリック視聴してもらうことも可能です。

URLリンクによる動画再生イメージ

 テキストをクリックすると別タブでリンク設定した動画の再生ができます。

QRコード化

視聴URLをQRコード化し、名刺・チラシ・カタログなどに印刷すれば、スマホ等で簡単に視聴してもらうことができます。動画を編集してもURLが変わらないため、再印刷する必要はありません。

PCやタブレットを
その場で再生

訪問先でパソコンやタブレットを使って再生し、お客様にその場で一緒に視聴してもらう方法です。展示会などのサイネージで再生することもできます。

WEBサイトに埋め込む

動画を作成すると、「WEB埋め込み」タグが自動生成されます。このタグをWEBサイトに挿入するだけで、「サムネイルクリック→モーダルウインドウがオープン→SPOKES動画を再生」を簡単に実装できます。

 左のサムネイルをクリックすると
WEB埋め込みによる動画再生をご確認いただけます。

WEBサイトに埋め込む

動画を作成すると、「WEB埋め込み」タグが自動生成されます。このタグをWEBサイトに挿入するだけで、「サムネイルクリック→モーダルウインドウがオープン→SPOKES動画を再生」を簡単に実装できます。

サムネイルをクリックすると
WEB埋め込みによる動画再生ができます。

オンライン商談中に
画面共有

オンライン商談中に画面共有を開始し、動画再生を行うことで、リアルタイムに視聴してもらうことができます。また、ナレーションやBGMといった音声の共有も可能です。

設置タブレットによる
案内

インタラクティブ動画や多言語対応動画を作成し、端末を設置すれば、お客様の目的や国籍、知りたい項目にそって自動案内できる、簡易的なインフォメーション窓口を作ることができます。